神戸市東灘区・灘区の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ神戸東店へお任せください!

日進月歩ブログ

秋分の日🍁

こんにちは!

プロタイムズ神戸東店 株式会社ライフアートの浅田です。

いつも「日進月歩」をご覧いただき、ありがとうございます!

 

今日は朝から雨が降り始めました☂

この雨は土曜日頃まで続くそうですが、日曜日も☁と微妙なお天気…。
そし連休最終日の月曜日からまたもや雨…という予報です
秋雨前線が活発過ぎて、近畿地方は土砂降りの雨になりそうだと言っておりましたー。
今年は、雨がよく降ります⛆

今度の連休は、秋分の日ですね
そして『お彼岸』でもあります。

みなさまは『お彼岸』の意味、ご存知ですか?

わたし、ざっくりとしか分からなかったので、
ちょっと調べてみました📖

「春分の日」は、「自然を称え、生物を慈しむ」日として、
「秋分の日」は、「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」日とし、国民の祝日に定められています。
また「春分の日」と「秋分の日」は、お彼岸の中日(ちゅうにち)でもあります。

いま私たちが生きているこの世界を「此岸(しがん)」と言い、
「彼岸」は西に位置し、「此岸」は東に位置するとされています。3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸が最も通じやすい日になると考えられ、
この時期にご先祖さまを供養するようになりました。

また、
春分の日・秋分の日は、太陽は真西に沈みます。
真西にというのは、阿弥陀如来の西方極楽浄土があるとされています。太陽が極楽浄土に向かうと考えられたことから、お彼岸になったという説もあります。
(※諸説あります)

お彼岸の期間は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の
前後3日間を合わせた7日間です。
それぞれの初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、
春分の日・秋分の日を「中日(なかび・ちゅうにち)」といいます。

お彼岸のお供えとして、頭に思いつくのは…
やっぱり『おはぎ』『ぼたもち』ではないでしょうか?

では、なぜこの2つがお供えとして選ばれているのか――。
秋は萩の花が咲くことから秋のお彼岸のお供えにはおはぎ、
春は牡丹の花が咲くことから、春のお彼岸のお供えにはぼた餅、
という説が一般的なんだそうです。

このほか、材料となるもち米とうるち米の違い、突き方の違い、
つぶあんとこしあんの違いなど諸説あります。

1つの事を突き詰めていくと、知らなかったことが沢山あることに驚きました!!

お彼岸当日は、この雨も上がってくれるといいですね

人気記事

カテゴリー

カテゴリーはありません

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • ショールームお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEでご相談
to top