神戸市東灘区・灘区の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ神戸東店へお任せください!

日進月歩ブログ

りんご酢、始めました!

こんにちは!

プロタイムズ神戸東店 株式会社ライフアートの浅田です。

いつも「日進月歩」をご覧いただき、ありがとうございます!

 

朝から降っている雨で、寒さを感じます。
今週は雨からのスタートです📅
週の前半と後半で気温差があるそうなので、体調にはお気を付けくださいね♬

12月なのでもう少し寒くなると思われますが、
今年の冬はまだ暖かい気がします
これからの寒さが怖いですけどね…

 

さて、日頃、健康に気を遣うわたしなのですが、
前にお話したことがあります雑穀米に続いて、
『りんご酢』を新たに始めました~
梅酢もいいな!と悩んだのですが…。
酢はもともと体に良いとされています!

そして、りんご酢にはダイエットパワーが3つあり、今注目されているそうです!
脂肪を減らす効果の期待や、アップルペクチンという栄養成分が腸機能をサポートしたり、カリウムの働きで、むくみ予防やむくみ改善も期待できるそう🍎

わたしが小学生の頃、駄菓子屋さんに行ったら必ずと言っていいほど、”カリカリ梅”を買っていました!
多分、このカリカリ梅は塩分高めで健康的とは言えないかもしれませんが、相当な量を食べていました💦

 想像しただけでも唾が溜まってきます(笑)
1つ20円くらいだったと思います。
小梅ではなく大きなカリカリ梅…。
種の中身まで歯で割って食べていました💦

 

ですが、種の中には神様がいてそれを食べてはダメだとか、
バチが当たるとか…後に聞かされたのですが、
みなさまは真実を知っていますか?

梅はバラ科サクラ属の植物で、同じ仲間には桜、桃、杏、プラム、ビワ、アーモンド等があります☝
これらの種の中には硬い皮に包まれた白い中身があり、これを「仁」といいます。
そして、この「仁」にはアミグダリン(青酸配糖体)が含まれています。
アミグダリンは胃腸等で酵素により分解されてシアン化合物(青酸)となり青酸中毒を起こして死に至る可能性があるといわれているため種を食べてはいけない、という説が生まれたようです。

これはあくまでも、「熟していない実の種」であり、完熟すると不活性化するため問題ありません。
また、熟していない青梅等は加熱することで成分が消えるため、こちらも大丈夫ということ…

ホッとしましたー。
もう今は食べていないのですが、こういう理由があったんだな!と
納得です。

そして、もう1つの謎――
「神様がいる」のこの神様というのは、
太宰府天満宮の天神様である菅原道真公のことです。
梅の種の中身の「仁」は「天神様」と呼ばれていますが、これは道真が梅を好み大切にしていたことと、死後に神様として祭られたことが合わさって「種の中に天神様が宿っている」と信じるようになったとか

これでスッキリ✨
昔は文字の神様がいて、それを食べるから字が下手になる!と聞いたことがあったので、食べることが減っていった気がします。
食べていたせいか…
実際、わたしはあまり字は上手ではありません(笑)

人気記事

カテゴリー

カテゴリーはありません

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • ショールームお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEでご相談
to top