ブログタイトル

リフォームのお話。②

こんにちは!

プロタイムズ神戸東店 株式会社ライフアートの浅田です。

いつも「日進月歩」をご覧いただき、ありがとうございます。

 

台風19号では、関西にも暴風警報が出ました。
みなさまは、台風被害はなくお過ごしになられたでしょうか?

幸い、わたしの住む地域は被害もなく過ぎていきました。

しかし甚大な被害がでていますね。
未だ復旧のめどがたたない状態…
どうか一刻も早く、被災者の方が平穏を取り戻せますように。

 

前回、リフォームのお話をさせていただきました。
その際にどこをリフォームするのが良いのか…ということを
触れさせていただきましたので、
今回は具体的に進めさせていただきます!

まず、日常生活でつまずかない様にするために、手すりをつけるなど室内の移動をスムーズにすることは、必ず行っておいた方が良いでしょう。
屋外へ行くために階段や段差があると、ハードルが高くなってしまい、だんだんと外出するのが億劫になります。
そして、結果的に歩かなくなってしまい、余計に足腰が弱くなってしまう恐れがあると思います。
また、車椅子を利用されている方は、ドアの開閉の向き、間口の広さ等もポイントになってきます。

そして1番に行っていただきたい場所は…
やはり、1日のうちに何度も使用するトイレのリフォームです。
どこから手をつけて良いか迷った場合には、トイレからお勧めいたします。

手すりをつけたり、段差をなくす、出入り口を広くする…といった
内容で良いかと思います。

次にお勧めしたい場所は、階段です。
階段の上り下りは高齢者にとって、最も危険になる箇所と言っても過言ではありません。
なので、手すりの取り付け(現在の新築住宅では階段への手すり設置は義務化されていますが、2000年以前に建築確認を得ている建物については、設置義務がないため、手すりは必ず設置をする様にオススメします。)
また、滑りにくい床材への変更です。

そして次は、優先度では中レベルの
浴室のリフォームです。

こちらも、手すりの取り付け、ヒートショックを軽減するための浴室暖房の設置、ドアを折戸に変更などが挙げられます。

次も中レベルの玄関のリフォームです。

手すりの取り付け、階段タイプの段差を低くするための補助台の設置、車いすを利用されている方のためのスロープ、玄関のドアノブの変更などがあります。
これは、握力が衰えていくため掴みやすいものに変更されると楽になります!

他にもいろいろな箇所がありますが、
今回は優先度が高~中レベルで触れさせて頂きました。

みなさまの参考になれば幸いです

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織